辻内敬子のレディース鍼灸は、レディース&マタニティ専門  出張鍼灸治療

  • イベント・教室の情報を見る
  • プロフィールを見る
レディース鍼灸とは?
月経に関連する婦人科の症状や尿漏れなどの泌尿器疾患、妊活(不妊)更年期の症状や病気の副作用や疲労などの改善を目的とした補完代替医療です。鍼灸は「心身一如の医学」です。ストレスや日常生活から起こる体のメンテナンスにも最適です。妊娠したらマタニティ鍼灸と、分娩、産後の疲労回復や母乳分泌促進・育児の健康相談にも応じています。あなたの健康サポーターとしてご利用ください。
こんな方にオススメします!
  • 月経痛などのトラブル
  • 妊活中
  • 不妊治療
  • 更年期症状
  • 治療中や術後に
  • 認知症予防
イベント・教室の情報

一覧へ

  • 2016/10/20(木) 午後1時~2時

    ■安産に向けてのお灸教室

    場所:せりえ鍼灸室
    料金:3240円 対象:妊婦さん 定員:3名

  • 2016/09/28(水) 午後1時15分~午後2時30分

    ■産後ママ元気アップと9月のベビーマッサージ教室

    場所:せりえ鍼灸室
    料金:2回で6480円 対象:はいはい前の赤ちゃん 定員:4名

  • 2016/09/15(木) 午後1時~2時

    ■妊婦さんのためのお灸

    場所:せりえ鍼灸室
    料金:3240円 対象:妊婦さん対象 定員:3名

  • お電話でのお申し込み 090-2941-8989
  • フォームからのお申し込みはこちら
お知らせ・ニュース

一覧へ

  • 2016/11/21(月)

    不妊治療専門みなとみらいせりえ鍼灸室の鍼灸治療

    みなとみらいせりえ鍼灸室の鍼灸治療を行っています。治療日は月、金の2日間。移植日や健診での当日来院された方の鍼灸治療を行っています。

  • 2016/11/05(土)

    世界鍼灸大会WFAS in つくば

    世界鍼灸大会WFAS in つくばで開催されます。
    会期は11月5日と6日の2日間です。日本の鍼灸の技も披露されます。せりえ鍼灸室で行っている不妊の鍼灸治療について、ご紹介する機会を頂戴しています。

  • 2016/11/03(木)

    更年期障害と鍼灸治療

    現代医療臨床鍼灸研究会において更年期の最新治療と鍼灸治療について開催されます。
    更年期障害の鍼灸治療について、小井土院長が講演します。

辻内敬子のレディース鍼灸の特徴
  • 1.専門分野は婦人科産科領域です。
  • 2.大学や専門学校の教育機関で非常勤講師をしています。
  • 3.産婦人科領域の研究を続け、教育機関とも共同研究を行っています。
  • 4.医療者向け書籍や一般向け書籍の執筆を行っています。
  • 5.医療従事者向けや教育機関向けの東洋医学の講演をしています。
  • 6.西洋医学と連携を図ることで、よりよい医療の実現をめざしています。
  • 7.安全性が高い日本製の使い捨て鍼と日本の灸を使用しています。
  • 8.一人一人の体質、体調、つぼの状態により、治療方法や刺激量を決定するので、赤ちゃんでも治療することができます。
辻内敬子のレディース鍼灸  辻内 敬子プロフィールを見る
鍼灸按摩マッサージ指圧師。千葉県生まれ。
湘南鍼灸マッサージ学校(現:湘南医療福祉専門学校)卒業。
天津中医学院、広州中医学院(現:広州中医薬大学)留学。
千葉県にて開業後、「せりえ鍼灸室」開業。教職免許中学高校家庭科・保健免許許有。
女性と子どものための女性鍼灸師グループ「ぷれる」会員、かながわ母乳の会世話人、女性鍼灸師フォーラム代表。森ノ宮医療大学、有明医療大学非常勤講師。介護運動指導員。不妊カウンセラー。
各種出版物
  • イベント・教室の情報を見る
  • メールでのお問い合わせ

施術の内容・費用

東洋医学では、女性は7の倍数で成長・発育すると考えています。女性の病因として、怒り・思い・恐怖の感情や冷え・熱・湿やむくみが重視されています。また、体を作っている気・血・水が全身を流れ、正常な機能を維持していますが、過不足や停滞、滞りが生じると病的状態が発生してきます。それらを望診、聞診、問診、触診という4つの方法で診察します。その心身のひずみやゆがみのパターンから、どのような治療が効果的かをみつけ、全身に配置されているつぼを用いて生命エネルギーの流れを整えていくことが治療になります。

はりきゅう治療の効果
  • 循環改善効果
  • 自律神経機能調整効果
  • リラックス効果
  • 免疫力向上効果
  • 生体防御効果
  • 筋緊張緩和効果
  • 鎮痛効果
  • 病気の予防と治療と癒しに用いられています。
治療内容
鍼(はり)は、一般的な鍼(皮膚を刺すはり)、円皮鍼(皮を刺激するはり)、てい鍼(皮膚をなでさするはり)があります。
灸(きゅう)は、直接皮膚を刺激する灸と温灸(直接皮膚におかない間接灸)があります。
温熱療法はフィットアンポー、電気温灸器やサンマットで行います。
小児はり、小児あん摩、赤ちゃんマッサージ
耳鍼(はり、粒)
医療あん摩とソフトストレッチは、筋肉のこわばりをほぐし体を整えます。治療の最後に5分程入れます。
治療内容はこちらで提案をしていきます。
はり
髪の毛ほどの細さの、日本製の滅菌された使い捨ての製品や赤ちゃんにも使用する皮膚をなでるローラー鍼もあります。衛生面でもご安心いただけます。
灸
よもぎの葉でできた艾(もぐさ)を各種ご用意し、心地よい温度で丁寧に施術しています。煙やにおいのない電子温灸器もあります。

診療費用

鍼灸治療は全身治療を行い、気になる症状の緩和や辛い症状を起こさないように改善するパーソナルプログラムを提供していきます。
出張治療は、常にお傍にいて手技を施します。他の鍼灸治療の価格設定とは異なります。
ご家族の方の施術も可能です。事前にお問い合わせ下さい。

出張治療費

30,000円~ 治療時間60分~
※子ども、乳幼児の治療はご相談下さい。

  • 時間、地域などご要望に応じて相談、対応いたします。
  • 表示金額は消費税を含んでいます。
  • 再診料は、前回の治療からの期間によって頂いております。
  • 当院では、保険診療の取り扱いはございません。自費診療のみとなります。
  • 当院の領収書は医療費控除の対象となります。
  • クレジットカードの取り扱いはございませんので、ご了承くださいませ。
  • 治療費は2016年1月現在の価格となります。

横浜で更年期・不妊鍼灸・逆子腰痛のマタニティ(妊婦)鍼灸  せりえ鍼灸室

  • イベント・教室の情報を見る
  • メールでのお問い合わせ

体験者の声

今までには、起立性低血圧症候群などの家族が心配する症状、また、月経痛をはじめ女性特有の症状の緩和や改善に、鍼灸治療を利用していただいています。体験者の声を紹介します。

N.T.様(学生)
私は高校生で、はり灸を定期的にうけています。はりもお灸も最初は怖かったです(笑)、でも実際うけてみて、今は2つとも好きです。お灸はおいたところから、じんわりとあったかくなり、気づいたらねています。はりは少しちくっとしますが、効き目がバツグンです。私は生理痛が重いのですが、はりはききます。それとかばんで体勢が悪く、腰も痛くなるのですが、これにもききます。あとは足のむくみ、ダンス部での筋肉痛などにもききました。また、体全体の調子を見るため、他の場所も治療してくれます。本当におすすめです。
T.N.様(30代・妊活中)
月経痛で学生時代に通いはじめました。今は鎮痛剤を飲まなくなり、頭痛や肩こりの改善のために月に二度利用しています。体のねじれが頭痛や肩こりになり、お腹の硬さにもつながっているので、こりをほぐすには鍼は最適です。自宅でもお灸を利用して、毎日の疲れを改善していくのに利用しています。
H.G.様(40代)
アトピーが酷かった私は西洋治療での対処療法に加え、東洋医学で根本的な体質改善をしたいと考え、せりえ鍼灸室に相談をしました。
体が冷えていること、汗が出ないような暮らしをしていることは体に負担をかけることを教えてもらいました。
冷えが徐々に改善し生理痛がなくなり、次に汗がかけるようになってきました。
元気になった今でも、コンディションを整えるために定期的に通って、自分の身体の声に耳を傾けるようにしています。
A.S.様(更年期)
病院で検査しても何でもなかった!でもいつもお腹が張っている、このつらさはどこから来るの?そう思っていた時に、東洋医学に出会いました。下半身の冷えから悪血によって下腹部や足が冷えてつらかったというのが判り、ぞくぞくする日はお灸をするようになりました。

鍼灸治療についてよくあるご質問

身体の痛みや不調をはじめ様々な症状の改善に鍼灸治療を推奨されています。特に安全性に優れた治療法として欧米はじめ世界での利用率は高まっています。ご予約の前に、鍼灸治療のQ&Aをご覧いただき、不安を解消してください。